« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月30日 (金)

ワンハンドプルオーバー

メディシンボールを使ったトレーニング

両手で行うメジャーなトレーニングを

クロールを意識して片手で行います

 

特に今の泳ぎはキャッチにインパクトを求められるので

トレーニングとしても感覚を養う意味でも

効果を期待できます

| | コメント (0)

2014年5月28日 (水)

ストロークレート&ストローク長

ストロークレート

(1分間のストローク数)

これで距離別の泳ぎが決まります

3ストローク泳いでもらえればストップウォッチで計測できます

 

50m自由形なら前半63、後半58程度

これが100mになると前半55前後でしょうか

個人差も大きいですがおおよそこのくらいが理想

これは回転数なので

これ以上あげないのであれば残りは

ストローク長

(1ストロークの長さ)

が長いほうが有利です

1搔き2mの選手がストロークレート60で泳げば

泳速度は2m/秒となるはずです

 

ストロークレートとストローク長は反比例

ストロークレートをあげればストローク長は短くなりやすいし

ストローク長を伸ばせばストロークレートは落ちやすい

練習で一番良いポイントを探さないといけません

 

ストロークレートをあげる練習 → ダッシュ、ラクテート

ストローク長をあげる練習 → エンデュランス、オーバーロード

ざっくりですがこんな分類もできるかと思います

 

| | コメント (0)

2014年5月26日 (月)

マスターズ 女子メドレーリレー日本記録映像

2014年4月27日(日)

千葉国際総合水泳場

女子4×50mメドレーリレー

下山、鴇田、古田、田本

2分18秒69

2014年4月29日(火)

東京辰巳国際水泳場

女子4×25mメドレーリレー

下山、鴇田、田本、中山

1分03秒47

日本記録の映像をアップしました

皆さんあらためておめでとうございます

M20140429a

| | コメント (0)

2014年5月24日 (土)

心拍数教育

先日ストローク数を数えさせる

と話をしましたが

それと平行して心拍数も測定させます

 

オーバーロードでは何を目的に心拍をあげるのか

ラクテートのときとオーバーロードで

心拍数の変化はどう違うのか

 

この辺も練習の意味を伝える為に

解説してから練習に入ります

それによって選手が今何を目的に泳いでいるか

少しでも理解を深めてもらえればと思っています

 

トレーニングの意識性

これは意識されたトレーニングはトレーニング効果が高くなる

というデータが出ています

よくウェイトトレーニングなどで使われますが

水泳の心拍数変化に関しても追い込み方に違いが出てくると思います

しっかり計測してもらいます

| | コメント (0)

2014年5月22日 (木)

ストローク数教育

練習中にストローク数を数えさせています

できる選手はレース中も数えさせます

練習では 

 

ダッシュ

 ラクテート

 オーバーロード

それぞれ別のストロークがあります

それをストローク数からイメージ付けすることが大切です

 

練習ではダッシュ練習のときに

ストロークレートを計測することがあります

Fr、Flyなら63over

Bcなら55over

泳法によってストロークレートも違いがあります

ストローク数でレートを知るヒントにもなればと思っています

 

レースで

「がんばる!」

だけでは当たり前

そのがんばる中に体力要素だけでなく

レースの組み立て方を

ストローク数やストロークレートを考えながら

限りある体力資源をうまく使いきることが

ベストにつながると思います

|

2014年5月20日 (火)

泳速度

先日都ジュニアが終わりました

夏前の長水路の大会ということで

夏にどのような勝負をするか占うレースでした

 

いま課題にしているポイントは

「力強いキャッチ」

これができなくては次の成長は無い

そのくらいの気持ちで取り組んでいます

 

泳ぎにはトレンドがあり

「フィニッシュで進む」泳ぎは一昔前の泳ぎとなりました

私達も強いフィニッシュを以前は意識させていましたが

極端に言えば「フィニッシュ押すな!」という

アドバイスすらします

Image

GWの合宿で

参加者全員の泳速度を出すことができました

・キャッチでの引っかかり

・プッシュの押し過ぎ

・右手と左手の違い

・キャッチの方向性の良し悪し

・タイミングの速い遅い

・ボディーポジションによる抵抗

などなど

いろいろな課題の洗い出しができるデータ取りとなりました

速度の変化にはプラスもマイナスも全て要因があります

選手にも映像をフィードバックしましたが

コーチとして映像に目を通し

どの選手がどのような速度変化をしているのか勉強になりました

これを今後に生かし選手の泳ぎを変えて行きたいです

|

2014年5月10日 (土)

泳速向上委員会

泳速向上委員会
習志野、辰巳の短水路大会を終えて
次のターゲットはジャパンマスターズです
途中の大会にはテーパーは必要ありません

土曜日の泳速向上委員会では主にラクテートをやっています
7月まではレースの泳ぎをしっかり作り上げていく
クオリティーアップを目標としていきます
レースペースの高強度で泳ぎ
実際のレースの泳ぎをまとめていきましょう

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

2大会連続日本新記録

2大会連続日本新記録
2大会連続日本新記録
2大会連続日本新記録
Style1マスターズ
女子100mメドレーリレー
(下山、鴇田、田本、中山)
1分03秒47 日本新

千葉県習志野会場の200mに引き続き
東京都辰巳会場でも100mの
日本新記録を樹立いたしました

リレーチームの皆さんおめでとうございます
またチーム全体としても好タイムが多く
皆さんの日々の努力の成果が出ていたと思います

チームのサポートを
スイムトレーニングやテクニック改善
スタジオでドライやウェイトと
草野、和田、中谷と長年担当させて頂き
皆さんが結果を出してくれる
幸せと感謝を再確認した一日でした
ありがとうございます

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »