« ジュニア合宿 その6 | トップページ | リアルタイム映像確認 »

2007年1月 9日 (火)

ダブルサークル

S字ストロークよりも効率の良い

I字ストロークで泳ぐ選手が圧倒的に増えてきました

これはストロークの軌跡が

キャッチのときに外側に掻き出すのではなく

フィニッシュに向かって一直線に掻くストロークです

 

これまでS字ストロークを掻いていた選手は

キャッチのときに外側に掻き出す癖が抜けません(>_<)

逆にキャッチのときに内側である

親指側に水を引っ掛けるようにすると

修正が利かせやすくなります

 

その為のドリル「ダブルサークル(内回し)」

姿勢はプルブイを挟み

顎を引いて浮き身を取ります

肘は肩の真横に位置させ

肘を中心にコンパスのように円運動をおこないましょう

指先はプールの底に向けてください

Doublec

ポイントは掌の返し方

掌が必ず円運動の方向を向いているようにしましょう

|

« ジュニア合宿 その6 | トップページ | リアルタイム映像確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167257/13404590

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルサークル:

» ゆったり泳法のメリット [株式投資とゴルフとスイミングの日々]
今年の目標をでっかく広げました(4泳法、それぞれ、125m泳げる)が、そのためには125m、計500mを自分の体力に合わせて、ペース配分する必要もありますし、何よりも少ないパワーを「なが〜く」持たせることが必要です。 そうすると、必然的に「ゆったり」スイミングになります。 そのため、どの泳法もゆったりとした、泳ぎにしています。 すると、とにかく力任せに水をかいてい... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 12時44分

« ジュニア合宿 その6 | トップページ | リアルタイム映像確認 »